ネット回線まとめ!おすすめ比較【お得なのは?】

光回線で電話料金格安に?【プロバイダー変更で番号どうなる?】

光回線で電話料金が安くなるって?

af7dphpaph99480

既存の電話回線を光回線に乗り換える際、確認しておきたいのがインターネットの利用環境だけでなく、電話に関する点です。

ほとんどの回線事業者においてはインターネット回線に加えて電話回線を利用できるようになっていますが、中にはインターネット利用に特化しており、電話回線は別途電話事業者と契約をしなければならない場合もあるため注意が必要です。

しかし、光回線を利用した通話の場合、同じ回線事業者と契約している者同士であれば通話料が無料になるプランや割引価格となるプランが用意されている場合もあり、光回線を選ぶ際は友人や知人、よく電話をかける先が利用している回線を利用すると言うのもひとつの選択肢と言えるかもしれません。

通話料は従来の電話料金より安価に収まるプランとなっている場合も多いですが、やはり従量課金であることは変わらず、利用すればするほどその金額は高くなっていきます。

そのため、光回線においてインターネットと電話回線を同時に契約する場合は通話料においても確認しておきたいところです。

光回線によるインターネットと電話を利用する場合、覚えておきたいのは、電話とインターネット回線は別物として扱われると言うことです。

つまり、光回線の契約をすると同時に電話回線も光回線のものと言うわけではなく、基本的には別契約と言う扱いになることがほとんどで、従来の電話は光電話として契約することになりますが、インターネット回線とセットで申し込む場合、基本料金が格安になるため、通常の電話回線利用料金よりも安価に収まります。

そのため、光回線を契約した際は同時に光電話も申し込むと言うのが一般的な流れとなるでしょう。電話番号も従来の番号そのままで利用できるため、特に必要な手続きがあるわけではありません。

インターネット回線のみに特化しており、光電話のサービスを持っていない回線事業者は主にマンションタイプ専門のインターネットプロバイダーに多いようです。

集合住宅においては最初から電話回線が引いてあり、利用料金を支払うことで出来るところもあれば、新規で契約して回線工事をしなければ利用できない場合など建物や管理者によって違いが多いため、このようなプランとなっているようです。

また、集合住宅を取り扱う住宅販売メーカーによっては独自にプロバイダーと光回線のサービスを有している場合もあり、こちらもほとんどでインターネット専用プランとなっており、電話回線は別途回線事業者と契約する必要があります。

インターネットの利用しか出来ない分コストは大きく削減できるため、特に電話を利用する機会が無いと言う場合であれば選択肢に入れてもいいかもしれません。

プロバイダーを変更する時、IP電話・ひかり電話の番号はどうなる?

8c6r484582jeihg3

ところで、プロバイダーを変更する際に、メールアドレスやホームページアドレスは同時に変更しなければいけなくなっていますが、IP電話・ひかり電話の番号も場合によっては変更しないといけません。

IP電話・ひかり電話のサービスというのは、その元々の導入経緯によってプロバイダーを変更する時の方法が変わってきます。

現在IP電話を利用している人は、プロバイダーの変更に先立って自分の利用しているIP電話がどのようなパターンに該当するかを知っておいたほうが良いでしょう。

・既存のNTT固定電話があり、そこからひかり電話などに同番移行した場合

まず、既存のNTT固定電話があり、そこからひかり電話などに同番移行した場合があります。

このパターンではプロバイダーを変更しても電話番号を保持したまま移行が可能です。

この場合はまず、一旦IP電話・ひかり電話としては解約してNTT一般回線の固定電話に戻します。その上で、改めて新しいプロバイダーにてひかり電話などに申し込み再度同番移行することで、元の電話番号を保持したままプロバイダー変更ができます。

ただ、この場合、それぞれの手続に手数料や工事費用がかかりますので注意が必要です。

・新規でインターネットを申し込んだ際にひかり電話を取得した場合

次に、インターネット申し込みの際に新規にひかり電話を取得したという場合が有ります。

これは残念ながら、そのままの番号を使っての移行はできません。

・引越し等でプロバイダーを変更する場合

また、当然ながら引越しに伴ってプロバイダーが変更になるような場合には電話番号もそのまま同番移行できません。

新しいプロバイダーにて、新しいひかり電話の電話番号を発行して貰う必要があります。

・050で始まるIP電話を利用していた場合

最後に、ADSLなどでもサービスされていた050で始まるIP電話ですが、これは番号そのものが識別番号としてプロバイダーに属してしまっていますので、プロバイダーの変更とともに必ず変わります。

ただ、逆に言えばIP電話の番号はインターネット上のIPアドレスと同じ要領で音声データをやり取りしていますので、プロバイダーを変更しない限り全国何処に行っても同じ番号での利用が可能であるとも言えます。(もちろん手続きは必要です)

現在は携帯電話しか持っていない、携帯電話がメインの電話番号になっているという人も増えていますから、こうした電話番号に関する問題も個人では障害とは成らなくなっている場合も多いでしょう。

ただ、事務所などでインターネットを引いていて、業務用の電話として使っている場合に「電話番号変わりました」というのはかなりのマイナスですので、最初の加入時にある程度考えて電話サービスを選ぶべきだと言えます。

現在は、携帯電話が自営業などでメインの受付電話になっていることにそれほど違和感が無くなって来ましたので、割り切って携帯電話でというのも柔軟性という点では良いかもしれません。

光回線繋げるならこちらのキャンペーンがおすすめ!

osusume2


hikari-rank1 legend-hp



最大7,5000円キャッシュバック!
初期設定実質負担なし!
ネット料金最大1ヶ月無料!
auひかり+auスマートフォン利用で毎月最大2,000円割引!
学生・引越しの方限定で5,000円キャッシュバック!
yajirusi-y

hikari-rank1

ネット回線まとめ!おすすめ比較【お得なのは?】 > 光回線のメリット・デメリット > 光回線で電話料金格安に?【プロバイダー変更で番号どうなる?】

関連記事

  1. フレッツ光に乗り換えるメリットは?【プロバイダ速度安定する?】
  2. 光回線乗り換えのメリットデメリットとは?【比較して賢く選ぶ】
  3. 光回線の速度は本当に速い?【広告の通信速度驚きの真実とは?】
  4. 光回線の高速度で家族が笑顔に!【ゲームを光でするメリットは?】
  5. 光回線のメリット・デメリットは?【なぜ光プロバイダーはいい?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)