ネット回線まとめ!おすすめ比較【お得なのは?】

光回線とADSLの料金比較すると?【乗り換えたい方は確認を!】

主なADSLの料金を光と比較してみました!

ornho91154
代表的なADSL回線(プロバイダーはASAHIネット(イーアクセス39Mは@nifty))
固定電話相当額をプラスしています。

サービス名 下り(受信) 上り(送信) 月額(ADSL+電話)
フレッツADSL モアⅢ 47Mbps 5Mbps 5,302.5円+735円
フレッツADSL モアⅡ 40Mbps 1Mbps 5,197.5円+735円
フレッツADSL モア 12Mbps 1Mbps 5,092.5円+735円
イーアクセス 50Mコース 50Mbps 5Mbps 3,941円
イーアクセス 39Mコース 39Mbps 1Mbps 3,933.3
イーアクセス 12Mコース 12Mbps 1Mbps 3,306円
Yahoo!BB 50M 50Mbps 3Mbps 4,122円
Yahoo!BB 12M 12Mbps 1Mbps 3,702円

代表的なフレッツ光回線(プロバイダーはASAHIネット)

サービス名 下り(受信) 上り(送信) 月額(光+ひかり電話)
光ネクスト 戸建て 200Mbps 100Mbps 5,544円+525円
光ネクスト 集合住宅光配線 プラン1 200Mbps 100Mbps 4,568円+525円
フレッツADSLとフレッツ光の料金は大差ない?

最近では私の周りでもADSLから光へと乗り換える方がずいぶん増えてきました。

もちろん光回線が提供されていないエリアであったり、またマンションなどに光回線が引き込まれていない場合にはまだまだ光を利用したくても出来ないと言う場合もあるでしょう。

それでも確実に光回線を利用するユーザーは増えてきています。

では実際ADSLから光へと乗り換える場合、どのように手続きを進めていけばよいのでしょうか?

まず大切なのは、

インターネットが使えない時期を作らないことです。

と言うのも光回線を自宅に引き込むためには専用の工事が必要となり、実際にインターネットが利用できるまでには数カ月かかることも珍しくないのですね。

ですからADSLから光に乗り換えるときには、最終的に光でインターネットが利用できるようになるまでADSLの回線を解約しないことが大切なのです。

たとえばADSLからフレッツ光に乗り換える場合、HPなどからエリアの確認をしたうえで申し込みをしていきます。

このときにはまだ光電話や光テレビなどオプションプランを決める必要はありません。

次にフレッツ光の場合にはプロバイダーを決めなくてはならないのですが、もしADSL回線で利用していたプロバイダーをそのまま光回線でも使用したいと言う場合には、まずそのプロバイダーがフレッツ光を利用できるかを確かめる必要があります。

もちろん全く別のプロバイダーに加入することもOK。

もしどのプロバイダーが良いか迷われた時にはNTTから送られてくるプロバイダーのリストを元に充分検討されるといいですね。

プロバイダーが決まると工事日程を決め、実際に工事が進められていきます。

このときに利用したいオプションなどがあれば申し込みを行うこととなります。

もちろん後から追加することも可能です。

工事が完了すると通信が上手く行えるかのテストをされ問題がなければ工事の完了となります。

ADSL回線の解約はこの工事が終了し、実際にネットがつながるのを確認した後に行うのがベスト。

最後にADSLのモデムをプロバイダーに返却して乗り換えは終了となります。

光回線に変えるとどんなメリットがある?

vvrjari71894
また、ADSL回線を使っている人は、インターネットを利用していると、データの送信ができなくなってしまったり、ダウンロードがストップしてしまうことがあるかもしれませんね。

これは、ADSL回線のデータ伝送が不安定で、ノイズの影響などを受けやすいためで、回線が瞬間的に切断されることがあります。

動画などの大容量データをインターネットで見たり、アップロードしている時などに限らず、ネットショップなどで個人情報を入力して送信したらエラーが出て、イライラした経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

継続して発生するノイズの発生源は比較的特定しやすく、電子レンジや炊飯器などのコンセントが「たこ足配線」になっていたり、ADSL回線と他の電化製品のコンセントケーブルが重なっていることなどが考えられます。

しかし、不定期に発生するノイズの原因は専門家でも特定しにくく、運よく原因が分かったとしても、それを解消するための手段がなかったり、多額の費用がかかってしまったりすることがあります。

その点、光回線であればこうしたトラブルとは無縁です。ADSL回線は、アップロードとダウンロードでは回線速度が大きく異なります。

光回線も前者で最大100Mbps、後者では200Mbpsと異なりますが、安定した高速回線なので、ストレスを感じることはありません。

また、光回線は高速通信用に設計された回線を使っているため、ノイズの影響をほとんど受けず、常に安定した通信を実現しています。

インターネットでは、高速回線の普及に合わせて、さまざまなコンテンツサービスが提供されています。たとえば、地上波テレビで放送された昔の番組を提供している放送局が増えていますし、動画編集が手軽にできるようになったこともあり、ビデオレターを活用できるサイトも増えてきました。

ネットショップなどでは、自分の顔や全体写真を取り込んで、バーチャルな環境で試着できるサービスも始まっています。

ネットスーパーも普及してきたので、今後、インターネットを活用した生活は、さらに便利になっていきます。

こうしたサービスを利用するためにも、光回線への乗り換えは、十分にメリットがあると言え、インターネット技術がさらに進化していくことを考えれば、これからは必須の生活インフラになるとも言えます。

光回線を導入すると、安定した高速インターネット回線以外にも、多数のメリットが得られます。詳しい内容は、別の項目でお伝えしますが、その代表的なものは「光電話」と「ひかりTV」です。

光電話は、固定電話から固定電話への通話料が激安になり、これまでのように、距離による通話料ではなく、全国一律の料金で通話ができるサービスです。ひかりTVは、アニメや時代劇、映画やスポーツなど、地上波テレビでは見られない専門チャンネルが24時間見られるサービスです。

光回線には、皆さんが思っている以上に生活を便利にして、さらに楽しくしてくれるサービスが満載です。

回線料金が安くなった今、ADSLなどからの乗換えを検討してみてはいかがでしょうか?

光回線繋げるならこちらのキャンペーンがおすすめ!

osusume2


hikari-rank1 legend-hp



最大7,5000円キャッシュバック!
初期設定実質負担なし!
ネット料金最大1ヶ月無料!
auひかり+auスマートフォン利用で毎月最大2,000円割引!
学生・引越しの方限定で5,000円キャッシュバック!
yajirusi-y

hikari-rank1

ネット回線まとめ!おすすめ比較【お得なのは?】 > 光回線とADSLの違い > 光回線とADSLの料金比較すると?【乗り換えたい方は確認を!】

関連記事

  1. 光回線とADSLの通信速度の違いは?【大容量でも大丈夫?】
  2. 光回線とADSL比較!速度そんなに速い?【乗り換える方法とは?】
  3. 光回線の速度どのくらい?【ADSLに比べると安定度も抜群?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)