ネット回線おすすめ比較!早い安い光は?【無線も対応】

ネット回線徹底比較!【一番お得なのはどこ?】


manzoku

心の叫び
pc

今お使いのインターネット回線、高くないですか?

契約しているプロバイダや加入しているプランにによって毎月払うインターネット料金は変わります。しかも、住んでいる場所や戸建て・マンションの別によって「人によって一番合うプロバイダが違う」って事実も!

初心者の方は光回線とADSLの違いからわからないという方もいらっしゃいます。このサイトではネット回線を徹底的に調べてそれぞれの特典やオプション別、料金など様々な面から比較してみました。

ネット回線の申し込みや手続きのやり方などギモンや不安がある方は必見ですよ!

光回線繋げるならこちらのキャンペーンがおすすめ!

hikari-rank1
legend-hp

最大7,5000円キャッシュバック!
初期設定実質負担なし!
ネット料金最大1ヶ月無料!
auひかり+auスマートフォン利用で毎月最大2,000円割引!
学生・引越しの方限定で5,000円キャッシュバック!

yajirusi-y

button-legend

hikari-rank2
nncommu-hp

33,000円を最短1ヵ月後キャッシュバック!
乗り換えなら初期設定実質負担なし!
特典手続きの必要なし!
さらに特定のプロバイダーと契約で1万3千円~のキャッシュバック!

yajirusi-y

button-nncommu

hikari-rank3
so-net-hp

3年間月額3,500円or45,000円キャッシュバックから選べる!
ひかり電話とセットでauスマホ最大2年間月額2,000円割引!
auひかり月額料金500円が30ヶ月無料!
マンション向けもお得です!

yajirusi-y

button-so-net

光回線プロバイダーの選び方のポイントは?

光回線プロバイダーというのは、現在では数多くあってどれを選んで良いのか迷ってしまいますね。

プロバイダーは一度加入すると乗り換えるのはなかなか大変なものです。

せっかく、新しいプロバイダーと契約するのですから初めてネットを繋げるという方にとっては、快適なパソコン環境が実現できるプロバイダー、ADSLや別のプロバイダーからの乗り換えをする方には、現在使っている回線やプロバイダーよりも、よりお得で便利なプロバイダーを選びたいですよね。

選んだ後で後悔しないためにも以下のポイントに注意して選ぶといいでしょう。

① 利用可能エリアの確認
② マンションタイプか戸建てタイプかの確認
③ キャッシュバック内容の確認
④ 初期費用の有無の確認
⑤ サービス内容の確認
⑥ 月額料金の確認

具体的にどういうことなのか、少し詳しく見ていきましょう。

①利用可能エリアの確認…「ここだ!」という光回線プロバイダーが見つかっても、自宅が利用できるエリアに入っていなかったとしたら利用することは不可能です。まずは、その光回線が使えるのかどうかエリア確認をしておきましょう。

②マンションタイプか戸建てタイプかの確認…光回線は利用する住居がマンション(アパート)なのか一戸建てなのかで月額料金が変わってきます。自分はどちらに該当するのか確認してからプロバイダーの比較をしましょう。

③ キャンペーン内容の確認…プロバイダーは、ネットから申し込み限定で様々なキャンペーンを行っているところが多くあります。例えば、数万円のキャッシュバックがあったり、月額料金の大幅な割引、豪華商品のプレゼントなど。お得に利用するならキャンペーン内容もしっかり確認してから契約するようにしましょう。

④ 初期費用の有無の確認…初期費用とは、光回線を引くための工事費と光回線と契約するための契約料などのことです。通常数万円かかる初期費用ですがそれがタダになるお得なプロバイダーがあります。

⑤ サービス内容の確認…意外と忘れがちなのがサービス内容の確認です。契約するとWi-Fiに接続できて無線でPCだけではなく、タブレットやスマホ、ゲームなど様々なネットが楽しめるホームゲートウェイの無料レンタルや、普通なら個別で購入しないといけないセキュリティ機能が付いているプロバイダーなどがあります。

⑥ 月額料金の確認…今では、光回線プロバイダーの料金自体にはそんなに差はないでしょう。むしろ、キャンペーンや月額割引、初期費用、サービスなどを考慮した上で、お得なプロバイダーを選ぶようにするといいですよ。

光回線の特徴とは?

インターネットを利用する上において、回線の問題は非常に重要なものと言えます。

回線が安定しているほど速度は速く、いきなり切断される、突如ページ移動が遅くなるなどのトラブルに見舞われるようなことはありません。

近年では24時間常時接続可能でありながら定額料金で利用できるインターネット回線が主流であり、一昔前のように、インターネット接続のたびに電話料金が課金されると言うことはほとんどなくなりました。

常に快適なインターネットができるよう、その回線も日々進化しています。

その中でも現在の主流は光ファイバーを利用したインターネット回線である「光回線」となっており、この数年で利用者が急増しています。

光回線は従来のインターネット回線では考えられないほど速い速度となっていること、大容量コンテンツのダウンロードや動画、音楽の視聴も容易になっている他、プロバイダーによっては光通信網を利用したCS放送の受信などもできるようになっています。

増大化するインターネットコンテンツを最大限享受するにはある意味において必須の回線と言えるでしょう。

最近では電話会社の選択が自由になったと言うことで、電力会社や企業においても光回線の提供が始まり、その競争は激化しています。

その中でもユーザーは条件に合う回線事業者と契約する必要があり、それぞれのメリット、デメリットを把握しておく必要があるでしょう。

ひとえに光回線事業者と言ってもサービス内容は様々であり、電話、インターネット、テレビがワンセットになっているところもあれば、インターネット回線専用となっており、電話回線は別途契約しなければならないもの、基本をインターネット回線とし、後はオプションで付け加えることが出来るところもあります。

料金体系もそれぞれ違いがあり、提供している回線速度にも若干の違いが見られるようです。

光回線を利用するには回線契約に加えて回線工事を行う必要があり、工事に若干の時間がかかること、一度工事完了すると、以後は基本的に使い続けることになるため、やはりその選択は慎重であるべきなのは言うまでもありません。

また、光回線対応エリアも地方によっては限られている場合もあり、理想の条件ではあるものの、対応エリア外であれば、依頼によって別途回線を通してもらうか、エリア対応の回線事業者を選ぶ必要があります。

回線事業者も現在では非常に多くなっているため、いくつかの条件を考え、比較をしながら考えていくようにしましょう。

イチオシ!光回線プロバイダーはこちら!

hikari-rank1
legend-hp

最大7,5000円キャッシュバック!
初期設定実質負担なし!
ネット料金最大1ヶ月無料!
auひかり+auスマートフォン利用で毎月最大2,000円割引!
学生・引越しの方限定で5,000円キャッシュバック!

yajirusi-y

button-legend